OHKってこんな組織です!

OHKってこんな組織です!

報道制作局

報道制作局 報道部

岡山・香川で今、何が起こっているのか?悲惨な事件や事故が二度と起こらないようにするためには?社会をよりよくしていくには?記者たちが常に考えながら、正確に素早く、分かりやすくお伝えしようと日々取材しています。地元スポーツも視聴者にとって欠かせない情報の一つ。サッカーJ2「ファジアーノ岡山」などの地元チームのアスリートの素顔を追いかけたり、未来ある若手アスリートに密着取材するなど、スポーツを通じた感動をお届けしています。

報道制作局 技術統括部

放送局のインフラを支えるセクション。どんなに素晴らしい番組も、技術職の力がなくては視聴者に届きません。ニュースやスポーツ中継などを放送するための準備と放送の対応、放送機器・機材の管理や保守、そして番組やCMを管理するスタンバイ業務などがあります。無事故で正確な放送を持続させることが自社の放送クオリティにつながります。また、社内の情報システムやネットワークの管理なども担っています。

コンテンツ局

コンテンツ局 コンテンツ推進部

グルメや観光、注目スポット、日々の暮らしを豊かにする情報などを生活情報番組やバラエティー番組を通じてお伝えしています。「OHKで放送していたあのお店に行ってみよう」「お役立ち情報で生活がちょっと便利になった!」そんな、視聴者の生活の中で何か少しでもプラスになるものを…との思いで番組コンテンツの制作やプロデュース業務を行っています。テレビ局の顔であるアナウンス室もコンテンツ制作部に所属しています。

コンテンツ局 デジタルコンテンツ部

YouTubeやインスタグラム、TikTokなど様々なプラットフォームを活用した動画の配信など、デジタルを活用して地上波放送以外の形でコンテンツを発信しています。また、イオンモール岡山とOHKが共同で運営する商業施設独自のテレビ局「haremachiTV」の運営も担います。「haremachiTV」はイオンモール岡山1階にスタジオを構え、番組の収録も行います。テレビ局のこれまでの枠組みに捉われない、新たなコンテンツ展開の可能性を広げています。

コンテンツ局 情報アクセシビリティ推進室

OHKで30年続く手話放送を発展させ「情報から誰一人取り残されない社会」の実現に取り組み、国の内外から注目を集めています。各部署から兼務で集まる若手メンバーが柔軟な発想のもと挑戦を続けていて、モータースポーツにおける日本初の手話実況や、視覚に障がいがあっても触って楽しめるアートイベントの開催、地域経済と連携し情報のバリアフリー化を持続可能にするユニバーサル動画サービスも考案しています。情報を届けるというテレビ局本来の仕事を追求するこの部署は、若くても活躍できるチャンスがあります。

ビジネス開発局

ビジネス開発局 本社営業部

一般的な営業というと売る「モノ」があると思いますが、テレビの営業は何を売っていると思いますか?正解は「時間(CM枠)」です。「テレビCMを活用し自社商品を売り出したい」というスポンサーのニーズに対して、自社の番組や商品を組み合わせ、最も効果の高まる企画を提案し、広告代理店などと共に形にしていきます。ときには付加価値をつけるためのイベントの企画や立案も行ったり、番組制作に関わったりするなど、テレビ局だからこそのクリエイティブな仕事も可能です。
「テレビの影響力を活かして企業を元気にしたい!」そんな思いがある人を求めています。

ビジネス開発局 編成業務部

「編成」はいわばテレビ局の司令塔。主に、どの時間帯にどんな番組を流すか、放送スケジュール(1日の時間割)を決めます。そのためには、どんな視聴者が、いつ、どんな内容の番組を見たいかを知ることがとても重要。毎日の視聴率を分析すると共に、視聴してもらうための番組PRなども担っています。この他、番組を売ったり、買ったりすることもあります。
一方、セールスしたCMをどの時間帯のどの番組に流すのかを決めるセクションもあります。スポンサーのターゲット層が見ている時間や番組を狙って放送することで、CMの効果を最大限に発揮させます。

  

総合企画局

総合企画局 人事部

テレビ局にも一般企業と同じように、人事の仕事があります。社員の勤務管理や給与計算、社会保険、採用・退職・人事異動、福利厚生、社員研修など、全ての社員と関わる「社内へのサービス部門」と言えます。「人材は最大の資源」をモットーに、社員がそれぞれの持ち場で活躍できるようサポートし、組織を活性化していく役割を担います。社内環境をより良くし、社員が気持ちよく働けるようにするためのセクションです。

  

総合企画局 IT戦略部

生活者の視聴スタイルが変わる中、どうすればOHKのコンテンツが選ばれ、多くの人に届くのか?放送に限らず、視聴者のニーズに沿った方法でリーチを拡大し、新たな収益を確保していこうという部署です。「OHKアプリ」や、テレビ局のノウハウを活用し企業のデジタル戦略に貢献する「WEBコンサルティング事業」など、デジタル領域での戦略立案から実践まで、社内の様々な部署と連携しながら、テレビの将来を見据えた挑戦を続けています。