OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
ニューヨークを拠点に世界的に活躍 千住博展 日本画の新たな分野を切り開く【岡山・高梁市】

2021.06.24

ニューヨークを拠点に世界的に活躍 千住博展 日本画の新たな分野を切り開く【岡山・高梁市】

ニューヨークを拠点に世界的に活躍する日本画家、千住博さんの作品を紹介する展覧会が高梁市で開かれています。

荒涼とした砂漠や、そそり立つ崖の岩肌。雄大な自然の景色が広がります。

高梁市成羽美術館では、ニューヨーク在住で、日本画の新たな分野を切り開いてきた千住博さんの学生時代から最近の作品まで40点を展示しています。

千住さんが世界的に認められるきっかけとなった「フラットウォーター」。火山から流れ出た溶岩が固まって出来た神秘的な光景をとらえています。

滝をテーマにした作品は、千住さんの代表作で、モノトーンで描かれた4つの滝の光景を通して四季の移ろいを表現しています。

日本画の伝統的な技法で、独特の世界観を映し出す千住さんの作品は見る人をひきつけます。

(高梁市成羽美術館 澤原一志館長)
「滝が静かに流れている。静かな時をここで過ごして、自分の内面と向き合って、自分の声と対話する。そういう時間を過ごしてもらえればありがたい」

千住博展は、高梁市成羽美術館で7月24日まで開かれています。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募