OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.09.09

【備えのツボ】“秋台風に注意”…本州直撃の可能性高く速度が速いのが特徴 早めの準備を【岡山・香川】

備えの基本を押さえて防災力アップを目指す「備えのツボ」。
7月から10月がシーズン真っ只中の台風についてです。季節で変わる台風の特徴を知って備えのツボを押さえましょう。


(防災士 小林宏典記者)
「季節は夏から秋へ移ろいでいます。同じ台風でも夏と秋で注意点が違うこと、ご存知ですか。」

「秋台風に備えよ」
1.png
2017年9月17日、台風18号は鹿児島や高知に上陸したあと岡山、香川に最接近。各地で、1時間に50ミリを超える雨と30メートルを超える最大瞬間風速を記録しました。
2.png
3.pngこの台風は典型的な秋台風でした。夏と秋でどんな違いがあるのでしょうか。
4.png
「2つの違い」
5.png大きな違いは「進路」と「速度」です。
6.png
台風の進路と速度に影響を及ぼすのが高気圧と偏西風です。夏は高気圧が張り出し偏西風も北上しているため、進路は予想しにくく速度は自転車並みと言われます。
7.png
一方、秋は高気圧の影響が弱まり進路が本州に向けて開けるほか、速度も南下した偏西風に乗って日本に近づくと速くなり自動車並みになると言われます。
8.png
本州を直撃するコースをとりやすく速度が速い分、備えにかけられる時間も限られます。
9.png
そこで押さえてほしい備えのツボはこちら。秋台風は進路と速度に注意。発生したら気象情報をこまめに確認し早め早めの準備を心がけましょう。
10.png