OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.09.11

本物そっくり“竹彫刻の昆虫” と “盆栽”のコラボ 竹彫刻と盆栽二人展【岡山・津山市】

竹を使って本物そっくりに仕上げた昆虫と、盆栽で里山をイメージした作品の展示会が津山市で開かれています。

盆栽の周りには今にも動き出しそうな竹彫刻の昆虫。盆栽とのコラボレーションで里山の風景を作り上げています。

会場には津山市の竹彫刻家、小林博道さんが制作した昆虫約50点と津山市の大森博文さんが丹精込めて育てた盆栽、20点が展示されています。

小林さんが作った昆虫はほぼ実物大で、煙でいぶした竹を彫刻刀で削った精巧な作りです。

また、大森さんの盆栽は針金で無理な矯正をせずに木の形を生かした「自然盆栽」で美しい枝ぶりなどが見る人を引き付けます。

(竹彫刻家・小林博道さん)
「作品を持ちよってひとつの景色を作ったらどうかという話になって今回実現した。みなさんに少しでも安らぎを与えられたらなあと。」

また会場では2人が作った作品の販売も行われています。この作品展は津山市沼のくらや総本舗アートホールで9月12日まで開かれています。