OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
【岡山県民共済presents おうちで おかやまキネコ映画祭】 開催中!
取り上げた赤ちゃん約3000人…93歳の助産師「萩原悦子さん」 母親たちに語り続ける【岡山・岡山市】

2021.09.20

取り上げた赤ちゃん約3000人…93歳の助産師「萩原悦子さん」 母親たちに語り続ける【岡山・岡山市】

9月20日は敬老の日です。2021年、100歳以上の高齢者は、岡山・香川ともに過去最多となりました。

人生100年時代と言われる中、多くの高齢者が現役で働き続けています。その1人、岡山市で助産師として活躍する93歳の女性を取材しました。
1jpg.jpg

(萩原悦子さん)
「お口を開けたらこうやって飲ませることが出来るんですよと言う。」

赤ちゃんの上手な母乳の飲ませ方を指導するのは、助産師の萩原悦子さんです。
3jpg.jpg

(萩原悦子さん)
「昭和3年3月3日で93歳。」
2jpg.jpg

出産に立ち会うことは無くなりましたが、岡山市の産婦人科医院で赤ちゃんの沐浴や母乳教室の講師など、週3回の勤務をこなす現役です。
4jpg.jpg
5jpg.jpg

岡山県内の満100歳以上の高齢者は2020年より166人多い1793人、香川県では2020年より100人多い1008人で、いずれも過去最多となりました。
6.jpg
特に、元気な女性の割合が高くなっています。
7.jpg

萩原さんもその1人。
8.jpg
これまで取り上げた赤ちゃんは…
 
(萩原悦子さん)
「合計で3000人余り。」
9.jpg

萩原さんは、痛みに耐えながら我が子を迎える母親たちに寄り添ってきました。
12.jpg
11.jpg

(萩原悦子さん)
「感謝しないといけないといつも言う、お母さんや姑さんからもやはり援助がなければならないこと、援助に対し素直に受け取ってきいてほしい。」
10.jpg

人生の先輩たちの助けを求めてほしい…。コロナ禍で子育てに悩む母親たちに今も語り続けています。
13.jpg

(萩原悦子さん)
「もうちょっとお話をしに来てくれる人がいたらうれしいなと。家の方は続けてやりたい。」
15.jpg

93歳の助産師・萩原さん。まだまだ現役を退くわけにはいきません。
16.jpg
14.jpg
土竜の唄FINALプレゼントキャペーン
moguranouta