OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.08

国際的な現代アートの祭典「岡山芸術交流」2022年は12カ国から24組が参加【岡山・岡山市】

2022年秋に岡山市で開催される国際的な現代アートの祭典、岡山芸術交流の実施計画がまとまりました。

12カ国から24組のアーティストが参加し51日間に渡って作品が展示されます。

実行委員会の総会が開かれ実施計画案が承認されました。岡山芸術交流は2016年から3年に1回、岡山市中心部を舞台に開かれている国際的な現代アートの祭典です。

2019年の前回は51日間の会期で9カ国18組のアーティストの作品が展示され、延べ約31万人が訪れました。

3回目となる2022年の芸術交流は9月30日から11月27日まで開かれ12カ国24組のアーティストが参加します。

会議では新型コロナウイルスへの感染防止対策のほか、地元を巻き込んだ展開や子供の積極的な参加などのポイントが報告されました。

(岡山芸術交流 石川康晴総合プロデューサー)
「コロナ禍の中で、子供たちの心が非常にいたんでいる。特に小学生に参加してもらって 、未来を担う子供たちに、創造力を提供できるような 場所にしていきたい」

実行委員会では2022年5月頃にもう一度総会を開き最終的な計画を発表することにしています。