OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.11

無料で城下町を散策…環境に優しい“電動カート”試験運行 次世代のエコな移動を体験【岡山・高梁市】

環境に優しいカート型の電動車、グリーンスローモビリティの試験運行が高梁市で行われています。

無料で城下町高梁の散策もできる新しい交通手段を取材しました。

環境への負担が少なく、狭い路地も走れることなどから、いま、注目されているグリーンスローモビリティ。国交省が導入を進めている事業の一環で、高梁市では、、地域住民や観光客の移動手段として本格的な導入を視野に、10月から試験運行が始まっています。

(生本ひなの記者)
「開放感があり、ゆったりと景色を楽しむことができます。乗ってみてどうですか?」

(乗客は)
「季節的に寒いことを除けば、とても良い。便利です」

「このように車内でのコミュニケーションをとることができるのも魅力の1つです」

高梁市役所前からポルカ天満屋や高梁中央病院など、市内10カ所の停留所を周ります。

乗車は無料で、一部の区間では停留所のない場所でも手を挙げるなどして運転手に知らせ、自由に乗り降りすることができます。

小さな車両を生かし、路線バスのルートから外れた商店街や細い路地も走ります。

(乗客は…)
「便利ですね。各道筋の入り口などにも止まってもらえると、もっと使いやすい」

(高梁市 市民生活部市民課 相原英夫課長)
「通院や買い物支援といった地域交通に軸足を置いて始めたが、観光やアトラクション的な利用も多いことから、幅広い活用が考えられる」

このグリーンスローモビリティは、11月15日まで試験的に高梁市内を運行し、市は、この実験をふまえ、今後の活用方法について検討するとしています。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募