OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.18

33年に1度公開の“秘仏”御開帳 「法界院」…平穏無事な世界願う 11月25日まで【岡山・岡山市】

岡山市の寺で33年に1度しか見ることができない「秘仏」が18日から公開されました。

秘仏が公開されたのは、岡山市北区の法界院です。

789年頃、報恩大師によって開かれた寺で、本尊の聖観世音菩薩は、33年に1度しか見ることができない秘仏で、2021年はその年に当たります。

聖観音の大きさは103.7センチで、平安時代に1本のヒノキから彫りだされたとされ国の重要文化財に指定されています。

(法界院 橋本春峯住職)
「33年ぶりの御開帳です。早くコロナ禍が縮小し元の生活が戻り平穏無事な世界になるよう観音様にお願いした。」

御開帳は11月25日までで、21日にはかゆの接待なども行われる予定です。