OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.19

走行途中でも乗り降り可能…自動運転ロボット「RakuRO」を用いた買い物支援実証実験 【岡山】

1人乗りの自動運転ロボットを使って、高齢者などの買い物を支援する岡山県内初の実証実験が、19日から倉敷市で始まりました。

時速6キロ以下でゆっくりと進むこちらの乗り物、1人乗りの自動運転ロボット「RakuRO」です。

この実証実験は、RakuROを利用してもらうことで高齢者などの買い物を支援するもので、岡山県内では初めての取り組みとなります。

19日から倉敷市真備町で始まった実験では、住民がRakuROに乗り、決められた歩道のルートを走ります。走行の途中で自由に乗り降りが可能で、店舗での買い物などができます。

(利用した住民は)
「乗り心地よかった、普及してほしい…」

(倉敷市 伊東香織市長)
「まずは買い物支援の実証だが、散歩や観光、自分の仕事の用途にも使える。高齢者が観光の時にも使ってもらえるように発展していけばいいと思う。」

実験中は、操作スタッフが一緒に歩き安全を確認しますが、将来は無人での走行を目指します。

(ドローンビジネスラボラトリー 青山知之社長)
「今回は1台のロボットで実証実験を行うが、これから他のところでも実証実験を重ねていき、こういったロボットがいつでもどこでもそこらじゅうで走れるような社会を実現したい。」

実験は、11月26日まで行われ、走行の安全性や乗り心地などを検証することにしています。