OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.12.06

生物兵器や化学テロを想定 ビルの中で不審者が…消防と警察が連携し対応訓練【岡山・岡山市】

化学物質や生物兵器を使ったテロなどの特殊災害に消防と警察が連携して対応するための訓練が12月5日、岡山市で行われました。

「落ち着きなさい!」

訓練は、岡山市消防局と岡山県警が合同で行ったもので、約70人が参加しました。

ビルの中で不審者が何らかの液体を撒き散らし逃走したとの想定で行われ、化学防護服を着た隊員らが被害者を救助したり検知器で液体の成分を分析するなど対応の手順を確認しました。

この合同訓練は、生物兵器や化学物質を使ったテロなどの特殊災害などいわゆるNBC災害が発生した際の連携強化を目的に3年前から行われています。

(岡山市南消防署 特別救助隊 前田啓隊長)
「目に見えない物質との戦いになる。その中で自分たちの安全を確保しつつ、要救助者をいかに速く救出し医療機関に搬送するかこの訓練をきっかけにより密な連携を取っていく。」

岡山市消防局管内では今年度に入ってNBC災害と疑われる事例が3件発生しているということです。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募