OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.12

「虎鰻」「鬼虎魚」何と読む?干支・トラが入った名前の魚や植物が大集合!【岡山】

2022の干支・寅にまつわる旬な話題、岡山県内の水族館や博物館で展示されている名前に「トラ」が入った魚や植物を紹介します。

体長1メートルの黄色く長い体に茶色い縦の線。トラ柄模様のこの魚の名前は…トラウツボ。名前にトラが入っています。

(渋川マリン水族館 岡 秀彦館長)
「模様がトラに似ている。上あごと下あごがかみ合わないで歯が見えているのが、獰猛(どうもう)に見えることから、トラウツボと名が付いた」

玉野市の渋川マリン水族館です。約180種類の生き物のうち、2022年の干支「寅」にまつわる5種類の魚にトラ柄の表示をつけ展示しています。

(戸田奈沙記者)
「こちらのハモは中国名で“虎鰻”と書くということで、干支にまつわる魚として展示されています」

水族館では、ハモやオニオコゼ(鬼虎魚)など、漢字に「虎」が入る魚にも注目し、展示しています。

(渋川マリン水族館 岡 秀彦館長)
「毎年、干支の生き物を探すけど、トラはちなんだ生き物は多い。トラは昔から日本にもなじみがあって、例えやすい干支だと思う」

さらに、寅にまつわる名前は植物にも…。倉敷市の自然史博物館です。

(戸田奈沙記者)
「こちらオカトラノオという名前の植物ですが、花の形がトラの尻尾に似ているため、その名前が付けられたということです」

丘によく見られ、花の形がトラの尻尾を連想させると、その名が付けられた、オカトラノオ。他にもトキワトラノオやハナトラノオなど、トラノオが名前に入っている植物が6種類展示されています。

トラで例えられるのは尻尾の他にも…

(倉敷市立自然史博物館 鐵慎太朗学芸員)
「ユキノシタという植物は、漢字で“虎耳草”と書く。丸くて毛がたくさん生えている特徴をトラの耳に例えた。少なくとも50種類以上の植物にトラにちなんだ名前が付いている」

猛々しく、凛とした表情をもつ2022年の干支・トラの名をもつ魚や植物。共通点を想像しながら鑑賞してみるのも楽しいかもしれません。
OHKアプリ