OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.14

一般会計総額は過去10年で最大規模 新年度当初予算要求まとまる 新型コロナ関連…494億円【岡山】

岡山県の2022年度当初予算の各部局からの要求額がまとまりました。新型コロナウイルス関連の予算がふくらみ、一般会計の総額は過去10年で最大規模となっています。

一般会計の各部局からの予算要求額は7633億8600万円で、2021年度の当初予算より35億円余り上回り、過去10年で最大となりました。

このうち新型コロナ関連は116事業の約494億円です。

主なものでは病床の確保に234億円余り、感染の拡大による飲食店への時短要請を想定し、協力金としてあらかじめ53億5500万円を確保しました。

また、ポストコロナを見据え新たに立ち上げる観光振興事業に約3750万円、コロナ禍で増加しているとされるDV被害者の支援事業に2370万円を要求しています。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「様々な制約がある中での予算編成だが、コロナ対応はもとより、本県の持続的な発展に結びつける私の強い思いに沿った要求になっていると考える。」

2022年度の当初予算案は、知事査定を経て2月中旬にまとめられます。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募