OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.21

副反応の対応や差別につながらないよう…“子供”へのワクチン接種は「個別接種」メイン【香川・高松市】

21日、国が特例承認した5歳から11歳の子供へのワクチン接種について、高松市の大西市長は、小児科などでの個別接種を中心に行う考えを示しました。

(高松市 大西秀人市長)
「子供に対する接種なので、色んな事に配慮しなければならない。接種体制の確立が大事」

小児科などでの個別接種を中心に行う理由について、大西市長は、子供特有の副反応への対応や、接種の有無がいじめや差別につながらないよう配慮するためとしています。

高松市の対象者は約2万7000人で、市は、医師会などと協議をしながら接種に向けた準備を進めています。
OHKアプリ