OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.21

香川「まん延防止」適用始まる 9回目の時短要請に人数制限も加わり 飲食店は…【香川】

香川県14の市と町で、21日からまん延防止等重点措置の適用が始まり、対象地域の飲食店では、営業時間や酒の提供が制限されています。

(小林宏典記者)
「多くの飲食店が立ち並ぶ高松市中心部の商店街です。重点措置の適用に伴って。多くの店舗で休業を知らせる紙が貼られています」

重点措置の対象となった14の市と町では、感染対策で県の認証を受けた店は、酒の提供は午後8時まで、営業は午後9時までとし、認証店以外は酒は提供せず、営業は午後8時までとなっています。

いずれも同じグループの同じテーブルでの会食は、4人以下の人数制限が設けられています。

こちらは高松市内に3店舗を構える認証店です。

重点措置の期間中、2店舗は休業し、この店舗のみ酒を提供し、午後9時まで営業することにしました。

営業する店を絞って効率化を図るとともに、アルバイトの雇用を守るのが目的で、人数制限を伴う営業の恩恵については懐疑的です。

(「神童ろ」経営 北島準章社長)
「団体客はほぼ全滅。キャンセルになった。家族連れや少人数グループで何とか午後9時まで営業。酒の提供はメリットだが、そこまで客が動かないのでは」

飲食店への時短要請は今回で9回目。人数制限という新たなキーワードのもと感染防止と経済活動の維持を狙った試みが始まりました。

<重点措置の対象>
高松市・丸亀市・坂出市・善通寺市・ 観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三豊市・土庄町・小豆島町・三木町・ 宇多津町・琴平町・多度津町
OHKアプリ