OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.02.24

好奇心旺盛で一風変わった行動も!水族館の新たな仲間…ゴマフアザラシ 渋川マリン水族館【岡山・玉野市】

玉野市の水族館にゴマフアザラシ2頭がお目見えしました。北海道から到着したばかりの2頭は新しい水族館に興味津々。少し変わった行動も話題となっています。

屋外プールでじゃれ合っているのは、間もなく2歳を迎えるオスのゴマフアザラシ「うるち」と「もち丸」です。

体長130センチから140センチほどで体重は約60キロ。人間でいえば中学生から高校生ぐらいです。

約200種類1200匹の魚や動物を飼育する玉野市の渋川マリン水族館。

2021年3月に2頭のゴマフアザラシを県外の水族館に返却して以来、アザラシがいませんでしたが、この度、北海道旭川市の旭山動物園から無期限で借り受けることができました。

2月18日に岡山に到着し翌日から公開されています。

(久保さち子記者)
「2頭のゴマフアザラシはのぞき窓から見ることができる。着いて間もないため慣れるまで少し離れたところから見守ってほしいということ。」

(渋川マリン水族館 岡秀彦館長)
「好奇心旺盛でやんちゃなのかな?すごく元気で回転しながら泳いだり、泳ぎが得意なので下から水中を見られるので見てほしい。」

ちょっと気になるというより心配になるのがもち丸のこの行動。床にある穴に頭を突っ込んでいます。館長の岡さんによると…

(渋川マリン水族館 岡秀彦館長)
「突き刺さっている感じだがあの穴は排水口。勢いよく水が出ているわけではないので引っかかって抜けられないわけではない。多分新しい施設なので穴が開いている所が1カ所なのでそこに頭を突っ込んで物色していると思う。」

(来館者は…)
「びっくりしました、えっ!て。でも面白いです。あんまりあんな姿は見られないですよね。」

お茶目でやんちゃな2頭のゴマフアザラシ。渋川マリン水族館のアイドルになる日もそう遠くないようです。
OHKアプリ