OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.05.14

AI研究の第一人者が語る「データサイエンス」…デジタル産業先進地を目指す三豊市でシンポジウム【香川】

人工知能AIを使って膨大な情報を分析し活用法を探る「データサイエンス」に関心を持ってもらおうと、5月14日、三豊市でシンポジウムが開かれました。

(東京大学大学院 松尾豊教授)
「身の回りの活動がデータを生んでいる。それを活用することがすべての企業や組織にとって重要」

坂出市出身でAI研究の第一人者、東京大学大学院の松尾豊教授が「データサイエンス」の成長性や地方での活用の可能性を語りました。

シンポジウムはAIで地域活性化を進める三豊市などが、情報通信機器から得られる膨大な情報を行政や地元企業の活動に役立てて、デジタル産業の先進地を目指そうと開いたものです。

女性の専門家も講演を行い、この分野を学ぶことで性別を問わず活躍できることを強調しました。14日は市の内外から約200人が参加し、熱心に耳を傾けていました。
OHKアプリ