OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
B1昇格へ”逆王手” 香川ファイブアローズ まもなくプレーオフ準決勝第3戦 直前の様子は…【香川】

2022.05.16

B1昇格へ”逆王手” 香川ファイブアローズ まもなくプレーオフ準決勝第3戦 直前の様子は…【香川】

バスケットボールB2リーグの香川ファイブアローズが、5月16日夜に大一番を迎えます。勝てばB1昇格が決まるプレーオフ準決勝の第3戦が午後7時から行われます。悲願に向けブースターと呼ばれるファンたちも盛り上がっています。

(上岡元記者)
「勝てばB1昇格。注目の一戦を目に焼き付けようと多くのブースターが会場の高松市総合体育館に駆けつけています。とにかくすごい数です」

(ブースターは…)
「すごく楽しみ」
「3年前まではこんな時代が来るとは夢にも思わなかった。すごく応援しがいがある」
「勝つぞっていう気持ち。絶対に勝ってほしい」

2勝したチームが決勝に進むプレーオフ準決勝。決勝に進めばB1昇格も決まります。

第1戦は仙台のディフェンスに得意の速い攻撃を封印され敗れたアローズ。第2戦は意地を見せます。一時は、ミスからリードを許しますが、キャプテン兒玉の3ポイントや前の試合、完全に抑え込まれた30番のウッドベリーの連続得点で逆転し、ここからチームに勢いが増します。

最終第4クォーターでは、ディフェンスからの速い攻撃で12番・ブラントが2本連続でダンクシュートを叩き込むなど最後まで全員一丸となって攻め切ったアローズ。この試合を制してB1昇格に逆王手をかけました。

(兒玉貴道主将)
「みんなで守って、みんなで攻めてた結果がきょう(第2戦)の得点として出てくれた。チームのバスケットができたと思う。」

(石川裕一HC)
「本当の本当にラストなので、香川ファイブアローズというチームの歴史に自分たちでしっかりとB1昇格という歴史を刻みたい。」

B1昇格に向けた運命の第3戦は、16日午後7時、試合開始です。
OHKアプリ