OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.06.02

「平和を当たり前と思ってはいけない」ウクライナ避難民の女性が大学で特別講義【岡山・岡山市】

ロシアの軍事侵攻を受けてウクライナから日本に避難してきた女性が、岡山市の大学で特別講義を行い、現地の実情などを語りました。

(ホロシコ・アナスタシアさん)
「私たち、ウクライナの人たちに普通の日常はもうない。毎日のように空襲警報が鳴り、街が爆撃を受けている。平和を当たり前だと思ってはいけない」

岡山市中区の就実大学で特別講義を行ったのは、ホロシコ・アナスタシアさんです。

ウクライナ西部の都市リビウ出身で2022年4月、日本に住む友人を頼り、京都市に避難してきました。

アナスタシアさんは、時事問題を学ぶ授業の中で、長引く紛争で先が見えないウクライナ国内の状況や避難の実態などについて説明しました。

(学生は…)
「改めてこの問題に対して、ちゃんと考えなければいけないと実感がわいて、すごく貴重な経験をさせてもらった」

(ホロシコ・アナスタシアさん)
「生徒たち、若い世代の人たちは、国や世界の未来を担っている。いま起こっていることや私たちの経験から何をするべきか、しないべきかを学び、より良い世界を作っていってほしい」

アナスタシアさんは、6月3日まで岡山に滞在し、大学で講演や募金活動などを行う予定です。