OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら

2022.06.29

1700人以上が犠牲 岡山空襲から77年 岡山市で戦没者追悼式【岡山】

太平洋戦争末期に1700人以上が犠牲となった岡山空襲から、6月29日で77年です。

犠牲になった市民らを追悼する式典が、6月29日、岡山市で行われました。

式典には、大森市長や戦没者の遺族など、約200人が参列し、参列者全員で1分間の黙とうを捧げました。

1945年6月29日未明に発生した岡山空襲では、市街地の約6割が焼失し、1700人以上が犠牲になりました。

式では、遺族会の代表らが追悼の言葉を述べました。

(遺族会代表 松本和昌さん)
「今もロシア・ウクライナ戦で死者、負傷者が多数出ているが、終戦の見通しが立っていない。世界中が争いのない平和な国になることを望みます」