OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら

2022.06.29

貯水率低下で7月にも貯水率0%の恐れ!四国の水がめ最新の様子は?【香川】

四国の水がめ」高知県の早明浦ダムでは、貯水率が平年を大幅に下回っています。このまま雨が降らなければ、7月中旬にも貯水率が0%になる恐れがあるダムの様子を上空から取材しました。

「早明浦ダムの上空です。水位が低下し、山肌が見え始めています」

6月29日午前10時頃の早明浦ダムの様子です。28日、気象庁の観測史上最短で梅雨明けが発表された中国・四国地方。高知県の早明浦ダムでは、貯水率が一段と低下しています。午後5時現在の貯水率は34.8%で、平年を50ポイント以上下回っています。

「渇水の象徴」として知られる役場の旧庁舎は、先週中ごろから水面に姿を現しているそうです。香川用水は、6月5日から水の供給量を35%カットする第2次取水制限を行っていますが、ダムの貯水率が30%になった時点で、供給量を50%カットする第3次取水制限を始める予定です。

(四国地方整備局河川管理課 阿部勝義課長)
「水は限られた貴重な資源。普段から大事な資源として考えて節水に努めてほしい」

気象台によりますと、このまま雨が降らなければ、7月中旬にも貯水率が0%になる恐れがあるということで、引き続き農作物や水の管理に注意を呼びかけています。