OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら

2022.07.06

95人が犠牲に…復興と鎮魂の祈り 西日本豪雨から4年 各地で追悼式【岡山】

災害関連死を含め95人が亡くなった西日本豪雨から7月6日で4年です。被災地では、きょう追悼式が行われ、鎮魂の祈りに包まれています。

倉敷市真備町で行われた追悼式では、伊東香織市長が犠牲者に哀悼の意を捧げ、復興への決意を新たにしました。

(倉敷市 伊東香織市長)
「真備の被災経験を全市の防災対策につなげ、災害に強い地域づくりに取り組んでいく」

そして、遺族を代表して87歳の母を亡くした平松頼雄さんが今の思いを語りました。

(遺族代表 87歳の母を亡くした平松頼雄さん)
「もう少し早く避難を促すことができていればと今でも悔やまれるが、母からは身をもって命の大切さ命を守るために早めの避難が大切と教えてもらった」

西日本豪雨では、災害関連死を含めた死者は95人、住宅4830棟が全壊するなど大きな被害を受けました。

(祖父を亡くした須増藍加さん)
「4年経ったので気持ちとしては前向きに、頑張っていることを祖父に伝えるような気持ち。私自身が真備町を離れてしまっているので客観的にではあるが、真備がどんどん活気が戻ってくるのはうれしい」

一方、総社市でも約100人が出席して追悼式典が行われました。下原・日羽地区で住民が豪雨の後から育ててきたヒマワリが献花台に手向けられ、被災地は鎮魂と復興の祈りに包まれました。

(4年前被災した 川田一馬さん)
「生涯忘れない。たまたま助けてもらった命を大切に地域のため次世代のため防災活動が必要」