OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
岡山災害関連情報 
身の回りのリスクに関する情報はこちら
大会3連覇の偉業達成! 「尽誠学園男子ソフトテニス部」 四国インターハイ【香川】

2022.08.05

大会3連覇の偉業達成! 「尽誠学園男子ソフトテニス部」 四国インターハイ【香川】

熱戦の続く四国インターハイ。ソフトテニス男子の団体戦が、愛媛県今治市で行われ、香川の尽誠学園高校が快挙達成です。

(上岡元記者)
「春の選抜を制した尽誠学園が、いよいよIHの決勝です。高校2冠はなるのか、注目です」

決勝は、3月の高校選抜と同じ奈良県の高田商業との対戦です。第1試合を落とした尽誠学園は、第2試合でエースの黒坂と岩田ペアが登場します。

3回戦で黒坂のペアだった宮本が体調を崩し、準々決勝から急きょペアを組んだ2人ですが、息の合ったプレーを見せます。カットサーブで相手を揺さぶるサウスポーの岩田。そして、黒坂の豪快なボレーと危なげない試合運びで、この試合を制します。

勝てば優勝の第3試合を託されたのが中川・宮田智友ペア。試合は、第6ゲームにもつれ込む激戦となりますが、コースを徹底的に狙う中川のプレーや、宮田のバックボレーなどで得点を重ねていきます。そして、迎えたマッチポイント。

最後は宮田のボレーで勝利し、尽誠が3大会連続5回目の優勝。春の選抜に続き、2冠を達成しました。

(黒坂卓矢主将)
「きつかったし、コロナ禍で制限ある中でやってきて、本当に諦めず前を向いて、チームでやってきて良かった」

(森博朗監督)
「出てくれた選手だけの力ではなく、裏方としてやってくれる同級生・仲間・保護者全てが一致団結した結果だと思う。勝っても負けても100点だと思っているが、(きょうの出来は)点数では表せない。もう感動」