OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2020.06.23

西日本豪雨2年で復興は…災害公営住宅被災者対象の抽選【岡山・倉敷市】

倉敷市真備町に整備される災害公営住宅の入居者の抽選が行われました。

抽選は倉敷市真備支所で行われました。災害公営住宅は住宅の再建や確保が困難な被災者を対象に川辺、箭田、有井の3カ所に2021年3月に完成4月から入居の予定です。91戸の住宅に対し160世帯から申し込みがありました。
抽選は4タイプある部屋ごとに行われましたが、最も人気の高い部屋は倍率が5倍を超えました。

(当たった被災者)
「(住宅を)見てみないと。見て結果出さないと。決まらない人に比べれば安堵するけど」

(外れた被災者)
「どうすればいいんでしょうね。市営住宅と民間のアパートも(家賃補助の)対象になると聞いているのでそれに期待している」

倉敷市では抽選に外れ市が登録した民間の賃貸住宅に入居する人を対象に家賃を補助する制度を設け、被災者の生活再建を積極的に支援することにしています。

倉敷市では5月末時点で1278世帯の3047人が仮設住宅での暮らしを続けています。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募