OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2020.09.12

平櫛田中の作品の原点 仏教美術コレクションを展示【岡山・井原市】

井原市出身の彫刻家、平櫛田中が作品のモチーフにした仏像などを展示する企画展が井原市で開かれています。

明治から昭和にかけて活躍した平櫛田中は、若い頃から仏教の影響を受け、収集した仏像を身近に置いて自身の作品の着想を得ていたとされています。
会場には、田中の集めた仏像や自ら制作した作品など45点が展示されています。
田中が好んだのは、奈良時代から平安時代に作られた柔和な表情が特徴の仏像です。
展示作品からは、田中の豊かな造形表見に仏像コレクションが大きな影響を与えたことがうかがえます。

(田中美術館 新谷真理学芸員)
「田中がどういったことに影響を受けて自らの制作に生かしたのか、分かってもらえると思う」

この企画展は、井原市の田中美術館で9月30日まで開かれています。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募