OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
出場枠は1or2…東京五輪まであと約4か月 香川から五輪出場を目指す新体操・喜田純鈴 勝負の時を前に… 【香川】

2021.03.19

出場枠は1or2…東京五輪まであと約4か月 香川から五輪出場を目指す新体操・喜田純鈴 勝負の時を前に… 【香川】

東京五輪まであと約4か月。香川から東京五輪を目指すこの人。坂出市出身、女子新体操の喜田純鈴選手です。新型コロナウイルスの影響で延期となっていた東京五輪に向けての大会が3月から再開されます。


きたB.jpg

日本は現在、1人分の出場枠を確保していますが、今後の大会の結果いかんでは、もう1枠獲得できる可能性があります。その最初の大会が喜田選手も出場予定で、3月26日からブルガリアで開催されるワールドカップです。この大会を含む4つのワールドカップのポイントで東京五輪の日本の2人目の出場枠が決まります。

きたC.jpg

そして、5月1日には喜田選手など特別強化選手3人で東京五輪の切符を争う選考会が群馬県で開かれることになっています。1年の延期を経て東京五輪出場を目指す喜田選手を取材しました。

劉宇コーチと共に二人三脚で取り組んできた新体操…大会前に最後の調整

流れるような動きと柔軟性が織りなすしなやかな演技。ボールなどを手足のように操り見る人を魅力します。女子新体操で香川から東京五輪を目指しているのが坂出市出身の喜田純鈴選手です。

きた①.png
この日は、3月26日に迫ったW杯に向け、これまで二人三脚で取り組んできた劉宇コーチと演技の構成を確認していました。

きた②.png
きた③png.png


きた④.png
(喜田純鈴選手)
「練習する時間がたくさんあったので、演技構成を直したり技を増やしたりそれに時間を使えた。」

 

世界での戦いで気付いた課題とは…

きた⑤.png

2020年2月、喜田選手はハンガリーのブダペストで国際大会に出場しました。

きた⑥.png

世界で自分の実力を試したいと臨んだこの大会。オリンピック種目でもあるボール、クラブ、フープ、リボンの4種目に挑み、ボールで銅メダルを獲得。成長を実感できる大会となりましたが、同時に課題も見つかりました。

きた⑦.png

(喜田純鈴選手)
「後半種目はやっぱり(体力が)もっていない感じがしたので、もっと練習積んで体力をつけていきたいと思う。」


新体操の演技では、技の数を増やすほど高得点につながります。体力不足が課題の喜田選手にも技の数を増やし、より難易度の高い演技が求められていました。

新型コロナで五輪延期  しかし…

きた8.png
東京五輪の延期はそんな喜田選手にとって課題克服のための貴重な時間だったと言います。

きた9.png

(喜田純鈴選手)
「一番は技を増やすためにスピードを上げること。演技の中身を増やしたことで、自然と体力がついてきた。」

最後の国際大会となったハンガリーの大会から1年、難易度の高い構成に挑戦し続けることで課題だった体力が徐々についてきました。劉宇コーチも「明らかな成長が見て取れる」と言います。



きた113.png
(劉宇コーチ)
「1年間の延期で今まで時間がなかった部分を埋められた。私が見ても周りの評価もかなり伸びた。自信をもって戦っていいと思う。」

「自信」を持って…挑む

喜田選手は、2020年10月の全日本学生選手権、さらに11月の全日本選手権を全種目トップで制覇し、体力、気力とも充実してきています。いよいよ迎えるブルガリアでのW杯。東京五輪2つ目の出場枠獲得に向け並々ならぬ思いで挑みます。

(喜田純鈴選手)
「自分にとっても日本にとってもすごく大事な大会になるが、どんな結果になっても後悔しないように、今からしっかり準備して最大限の力が出せるよう頑張る。」

021001017.jpg

喜田選手は2021年1月に20歳になりました。大人の自覚をもって過ごしていきたいと話していました。

OHKアプリ