OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.03.23

マービーふれあいセンター6月に開館 伊東市長「真備での生活を取り戻してもらいたい」【岡山・倉敷市】

倉敷市は、3年前の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の公共施設、「マービーふれあいセンター」を2021年6月に開館させると発表しました。

(倉敷市 伊東香織市長)
「災害から3年を前に再開できることは大きな節目。」

マービーふれあいセンターは、大小2つのホールを備えた真備町最大の公共施設ですが、3年前の西日本豪雨で高さ約3.5メートルまで浸水したため、2020年3月から復旧工事が進められてきました。

倉敷市の伊東香織市長は23日の記者会見で、2021年6月24日の午前10時からマービーふれあいセンターの開館式典を行い、豪雨災害から約3年ぶりに施設を再開すると明らかにしました。

(倉敷市 伊東香織市長)
「多くの方がこのセンターを使用し、また多くの方が集って真備での生活を取り戻してもらいたい。」

また23日は、センターの復興記念事業として、6月26日に囲碁の7大タイトルの1つ碁聖戦の第1局を、センターで実施することも合わせて発表しました。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募