OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.06.30

1万5000円前後で販売 1辺18センチ善通寺市特産「四角スイカ」 出荷始まる【香川・善通寺市】

ちょっと変わった夏の風物詩が2021年も登場です。善通寺市の特産品、「四角スイカ」の出荷が6月30日から始まりました。

集荷場のテーブルの上に並べられたのは、まるでサイコロのような形の物体。

出荷が始まったのは、善通寺市の筆岡地区で半世紀にわたり栽培される「四角スイカ」です。

本来は丸い形の品種をプラスチックの箱の中で栽培することで、きれいな立方体のスイカが出来上がります。

(大野樹記者)
「四角スイカの1辺は18センチ、スイカとしてはやや小ぶりです。生育途中で収穫されるため、食用には向きません。」

2021年は、早い梅雨入りなどの影響でスイカの生育にやや遅れが出ましたが、6月に入って晴れの日が続き、2020年より100個以上多い約470個を出荷できる見通しです。

(JA香川県善通寺西瓜部会 山下敏行部会長)
「視覚で楽しんで、触ったら表面がツルツル。普通のスイカとは違うんで、ぜひ見て触っていただきたい。」

四角スイカは、全国各地の百貨店などで1個1万5000円前後で販売されるということです。
2022参議院選挙岡山候補者
2022参議院選挙香川候補者
2022参議院選挙
OHKアプリ