OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
【岡山県民共済presents おうちで おかやまキネコ映画祭】 開催中!
命を守る最後の砦 “最前線”救命救急センターで奮闘 コロナ禍の新人看護師【岡山・津山市】

2021.08.17

命を守る最後の砦 “最前線”救命救急センターで奮闘 コロナ禍の新人看護師【岡山・津山市】

新型コロナの感染が拡大する中、医療の現場を支えているのが看護師です。 
岡山県津山市の病院では、その最前線の救命救急センターで、2021年から働き始めた新人看護師が奮闘しています。
 
(処置の様子)
「上向きますよ」「体ふきしますよ」
意識があっても無くても声を掛ける。患者と接する際、大切にしていることです。
重い呼吸不全の70代の男性を介助しているのは、加納佑美さん。この春、看護学校を卒業したばかりの新人です。
新人看護師04
  (加納佑美さん)
「実習では、患者に直接触れて処置することは無かったので、学生と現場は全然違います」
新人看護師06
津山市の津山中央病院。30の診療科、515のベッドを持つ岡山県北の拠点病院で、外来患者は年間約20万人に上ります。
新人看護師07
中でも県北で唯一の救命救急センターは、看護師など40人が所属し、24時間体制で重症患者に対応する、いわば命を守る最後の砦です。

(時計 7時55分)
(加納佑美さん)
「きょうは2番か3番の方の担当ですね」
新人看護師10
ほぼすべての診療科の患者を横断的に受け入れる救命救急センターは、患者の入れ替わりが多く、看護師の担当患者も日々、変わります。
新人の加納さんは、毎日始業より30分早く出勤し、前任の看護師の記録を細かく確認します。
新人看護師12 (加納佑美さん)
「既往歴やどんな経緯で入院されたか。片っ端からメモしますね。患者さんの全体像が分からないと」
 
教育を担当する先輩はいますが、新型コロナへの対応で、多くの看護師が必要となっている今、いつも手取り足取り、とはいかないのが現実。1人で患者の処置にあたることも増えてきました。
新人看護師17
(処置の様子)
「お口に管入れますね」
 
(看護師長)
「患者さん、家族の立場になってケアしようとしていることが垣間見られる」 新人看護師19昼休み、加納さんの姿が稼働していない病棟の一角にありました。
新人看護師20
昼食の時間かと思いきや、傍らには先ほどのメモ。
(加納佑美さん)
「食事にしますけど、午前中にやったことを整理して、次の準夜帯の人にどう送ろうかということを昼休憩に考えています」
新人看護師23
 (加納佑美さん)
「でもあれですよね。楽な仕事ってないですよね。いろんな仕事やってきたんですけど。いろんな経験する中で、1周回って看護だなって思ってきたので」
新人看護師27 実は、現在30歳の加納さんは、看護師になる前は関東で飲食店のアルバイトをしたり、化粧品会社の社員として働いたりしていました。転機が訪れたのは24歳の時でした。
(加納佑美さん)
「美容の仕事に就いても、白斑があって『どうやったら隠れますか?』みたいな方の接客がすごく多くて。疾患と闘っている人のそばで力になりたい。それは母のことがあったのもあるんでしょうね」
新人看護師32
津山市の郊外にある公園。小学6年の夏、最後に母親と遊んだ思い出の場所です。新人看護師33(加納佑美さん)
「この辺で母とバドミントンをして…つらかったと思うんですけど」
 
この前の年、母親に乳がんが見つかりました。すでにステージ4で、脳などに転移していました。
新人看護師37
母が亡くなるまでの約2年半、やり場のないつらさの中で芽生えたのが、患者を支える看護師への思いでした。別の仕事に就いてもそれは消えることなく、27歳の時、看護学校への入学を決めました。
新人看護師39
(加納佑美さん)
「やりたいこと。全く後悔はない」
新人看護師41
■2021年津山中央病院の新人看護師は45人
新人看護師43
■切磋琢磨し経験積む日々
新人看護師44
加納さんは、将来、高い水準の知識と技術を持ち合わせる「認定看護師」の資格取得を目指しています。

(加納佑美さん)
「人生をサポートできる看護師。責任をもってやり切れる看護師に」
新人看護師48
遠回りしたからこそ出会えた今の自分。加納さんのような看護師の活躍が、救急医療の最前線を支えています。
土竜の唄FINALプレゼントキャペーン
moguranouta