OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.03

衆院選 保守系議員が独占 小選挙区の5人に当選証書 「内外の問題に取り組みたい」【岡山】

10月31日に行われた衆議院議員選挙で、岡山県の小選挙区で当選を果たした5人に、3日、当選証書が贈られました。

県選挙管理委員会の大林裕一委員長から、岡山1区で当選した自民党の逢沢一郎さん、岡山2区で当選した自民党の山下貴司さん、岡山3区で初当選した無所属の平沼正二郎さん、岡山4区で当選した自民党の橋本岳さんに当選証書が手渡されました。

一方、岡山5区で当選した自民党の加藤勝信さんは、代理人が受け取りました。

今回の衆院選、県内の小選挙区の結果は、3区の平沼さんが保守分裂選挙で前職を破って初当選。

その他の4つの選挙区では、いずれも自民党の前職が議席を守り、保守系の議員が選挙区を独占しました。

(岡山3区で初当選 平沼正二郎氏)
「身が引き締まる思い。多くの人に期待してもらい、この場に立っているので、これからはしっかり仕事をするということを肝に銘じて、新人なので、諸先輩と連携させてもらいながら、内外の問題に取り組みたい」

当選した5人は、11月10日に召集される特別国会で初登院する予定です。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募