OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.12.06

“うらじゃなんかきらいだ!”オリジナル絵本 岡山青年会議所寄贈「祭りの楽しさ知ってほしい」【岡山】

岡山を代表する夏の祭り「うらじゃ」の楽しさを知ってもらい、子供たちの豊かな心を育くもうと岡山青年会議所がプロデュースした絵本が完成し、6日、岡山市に寄贈されました。

寄贈式には、岡山青年会議所のメンバーや絵本の作者などが出席し、岡山市の担当者に絵本が手渡されました。

絵本のストーリーと絵は一般公募で決まったもので、応募のあった合わせて約230点の中から選ばれました。

『うらじゃなんかきらいだ!!』というこの絵本は、うらじゃの祭りに素直になれない男の子が少しだけ前を向く物語です。

岡山の夏の風物詩うらじゃは、新型コロナウイルスの影響で、2年連続で中止となっていて岡山青年会議所では絵本を通してうらじゃの楽しさを知ってほしいとしています。

(岡山青年会議所 小林佑輔理事長)
「大人になってから昔こういう絵本を見たと思い出し、うらじゃを見に行くきっかけになればいいなと思う。」

この絵本は、岡山市内239の幼稚園や保育園などに届けられるほか、市内の図書館などにも寄贈されるということです。
ニュースのとくダネ・スクープ映像募集OHKアプリから簡単応募