OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.01.13

岡山…感染状況「レベル2」に引き上げ 新たな宿泊療養施設⇒“抗体カクテル療法”も【岡山】

新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、岡山県は13日県内の感染状況を上から3番目のレベル2に引き上げました。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「本県の感染状況はレベル1からレベル2に移行したと判断した。」

県が13日朝開いた対策本部会議で決めたものです。

11日までの1週間の県内の新規感染者数は、10万人当たり18.59人で、レベル2の目安の15人を上回ったほか、病床使用率も目安に迫る12.3%でした。

こうした状況を受け、県は13日から1月末までを「オミクロン株特別警戒期間」とし、会食は4人以下で家族など毎日顔を合わせている人と行うこと、まん延防止等重点措置区域との不要不急の往来自粛などを求めています。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「オミクロン株の感染のスピードが非常に速い。1つあったら囲いこんでつぶすこれまでのやり方が通用しない。本当に気を付けていただきたい。」

また県は、軽症者向けの宿泊療養施設として新たに岡山市北区の「岡山シティホテル厚生町」を整備しました。

宿泊療養施設では初めて重症化を防ぐための抗体カクテル療法が受けられます。

運用は1月21日からです。