OHK 8Ch

  • LINE友だち追加
発見!過去からの警鐘 次の巨大地震に備えよ 75年前の写真で分かった盲点とは

2021.03.10

発見!過去からの警鐘 次の巨大地震に備えよ 75年前の写真で分かった盲点とは

東日本大震災から10年、南海トラフ巨大地震で岡山、香川でも大きな被害が想定される津波を検証します。75年前の昭和南海地震の写真から分かった避難での盲点、そして、導き出された新たなシナリオとは。
z1坂出.jpg浜辺を利用した塩づくりが盛んだった瀬戸内海の沿岸。香川県の坂出市教育委員会に75年前に起きた昭和南海地震の貴重な写真が人知れず保管されていました。その数、181枚。
z2坂出.jpg坂出や宇多津、高松など、各地の塩田の被害を克明に捉えていました。建物は崩れ、堤防は壊され、塩田が浸水した様子が見て取れます。
z3坂出.jpg1946年の昭和南海地震は、和歌山県沖を震源とするマグニチュード8の地震で、岡山・香川でそれぞれ52人が死亡しました。
z4坂出.jpg(香川大学 長谷川修一教授)
「ここら辺は堤防の護岸の辺が液状化で海側へ流れて」

専門家は、護岸で起きたある変化に着目しました。

(香川大学 長谷川修一教授)
「津波が来る前に液状化で堤防が沈下し、地殻変動で沈下し、浸水が起きる地域が出てくる。それを如実に物語っていますね」
z5坂出.jpg当時の被害調査では、沿岸部で地殻変動が起き、広い範囲で40センチ近く地盤が沈下したと報告されています。その地殻変動が意味するものとは。
z6坂出.jpg10年前に起きた東日本大震災では、津波で多くの命が奪われました。
z7坂出.jpg命を守るためには津波が到達するまでに確実に避難すること。それが教訓です。
z8坂出.jpg

検証!津波からの避難 次の巨大地震に備えよ

南海トラフ巨大地震では、岡山、香川でも津波の被害が想定されています。高さ3メートル級の津波が押し寄せ、最悪の条件が重なれば、香川県で6200人が死亡、そのうち4600人が津波で犠牲になるといいます。
z9坂出.jpgその津波の威力を人工的に再現した映像です。津波の高さは50センチ、しかし、男性は立っていられません。それより低い30センチの浸水でも避難が困難になると言われています。
z10坂出.jpgでは、時間の猶予はどれくらいあるのか。香川県のシミュレーションでは、津波は発生後、すぐに高知県沿岸に到達。岡山・香川で最初に到達するのは、東かがわ市で約1時間半後、その後、半日かけて岡山、香川のほとんどの沿岸に到達します。
z11坂出.jpg(小林宏典記者・防災士)
「高松市の春日川の河口です。津波が到達するのは発生から3時間後で、この辺りは最大2メートル浸水する想定です。津波が来るまでの3時間が避難に与えられた時間ですが、その猶予を覆す想定があります」
z12坂出.jpg

津波避難に“盲点” 次の巨大地震に備えよ

これは地震発生から30センチ浸水するまでの時間を色分けした地図です。赤は30分以内、紫は更に早い10分未満で浸水します。
z13坂出.jpg先ほどの春日川河口より南西のエリアは、赤や紫、早ければ10分以内に避難が難しくなるのです。こうしたエリアは、香川県東部から西部まで沿岸部を中心に点在しています。元々、低い土地や地盤が弱い場所で、住宅地や幹線道路とも重なっています。
z14坂出.jpg(香川大学 長谷川修一教授)
「津波ばかりに注目されていて、局所的に浸水は地震の直後から始まるところもある」「昭和の南海トラフ地震で起きている。同じことは必ず次の南海トラフ地震でも起きます」
z15坂出.jpg75年前の写真が示す地震発生後のシナリオはこうです。最大震度6弱の揺れで沿岸部では液状化や地盤沈下が発生。早い所は10分経たずに30センチ浸水し、避難が困難な状況下で3メートル級の津波が押し寄せる…。
z16坂出.jpg(香川大学 長谷川修一教授)
「昭和南海地震は規模が小さかった。今度は、必ずそれよりも大きな規模の地震、津波になる。そう考えて覚悟した方がいい」
z17坂出.jpg「南海トラフ巨大地震 30年以内の発生確率 70%から80%」
z18坂出.jpg避難に残された時間は、実はあまりありません。それに対する備えが課題になる訳ですが、いつどこに避難するのか見直す必要があります。まずは、身の回りにどんなリスクがあるのか、避難所までの道のりは大丈夫なのか、ハザードマップで確認してください。

2022参議院選挙岡山候補者
2022参議院選挙香川候補者
2022参議院選挙
OHKアプリ